戦前や戦後は栄養失調と呼ばれる言葉が聞かれたかもしれません。

家計簿や小遣い帳をつけるとお金の節約が出来る
家計簿や小遣い帳をつけるとお金の節約が出来る

食べ物にお金をかけて栄養をしっかり取る

戦前や戦後は栄養失調と呼ばれる言葉が聞かれたかもしれません。それ以前も一般の人は必ずしも十分な食事が出来ていたわけではありません。最近になって飽食時代といわれ、食べ物には困らなくなりました。スーパーには沢山の食材が売られ、お店では多くの料理が提供されるようになっています。ファストフード店などでも気軽に料理を食べられるようになっています。

このときにどのようにお金をかけるかで生活や体調に影響することがあります。まず食べ過ぎるのはよくありません。あくまでも自分の活動に合った食事にとどめます。その中で出来るだけいい食材を選ぶようにします。スーパーでは価格がつけられることがあります。同じように見えても出来るだけ高いものを選びます。それだけ品質が良い食べ物といえます。

料理店でもファストフード店よりも、テーブルと椅子があってきちんと座って食事が出来るところを選ぶようにします。ファストフード店の食べ物が悪いわけではないですが、保存料が使われていたり、冷凍などの保存をした食品を使うことがあります。高級なお店ではその日に収穫されたものを中心に食材として使ってくれています。それを職人が調理してくれます。おいしいだけでなく、健康にも良いといえます。