仕事をしているときにコーヒーブレイクとしてコーヒーを飲む人がいます。

家計簿や小遣い帳をつけるとお金の節約が出来る
家計簿や小遣い帳をつけるとお金の節約が出来る

自販機で飲み物を買うとお金がたまらない

仕事をしているときにコーヒーブレイクとしてコーヒーを飲む人がいます。このときのコーヒーにはいろいろな種類があります。缶コーヒーであればふたを開ければすぐ飲めます。インスタントコーヒーは粉とお湯があれば作る事が出来ます。ドリップタイプのコーヒーはそれなりに器具がいります。その他コーヒーショップからテイクアウトする方法もあるかもしれません。

お金があまりたまらない人の行動としてあるのが自動販売機を利用して飲み物を買うことがあります。一本100円から150円ぐらいで手軽に買えます。この手軽さのためにどんどん使ってしまうことがあります。1日に5本も買えば500円からそれ以上支払うことになります。それを毎日すれば1箇月で1万円以上使っていることになります。

もしこのコーヒーを自宅から持っていくものに変えたら当然支出するお金も変わってきます。コーヒーを持ち歩くことはなくてもお茶であれば持ち歩く人はいるでしょう。最近はマイボトルを持つのがスタイルの一つになっている事もあります。保温や保冷が出来るものがあるので冷たいまま、温かいままで飲めるようになっています。1箇月1万円だと1年で10万円以上貯めることができます。