保険に加入するときに多くの人は保険の外交員さんからのようです。

家計簿や小遣い帳をつけるとお金の節約が出来る
家計簿や小遣い帳をつけるとお金の節約が出来る

人任せにするとお金がたまりにくい

保険に加入するときに多くの人は保険の外交員さんからのようです。自宅に来てくれる人、勤めている会社に来てくれる人など様々です。きてもらうのに特に出張料を取られるわけではありません。いろいろな提案もしてくれます。非常にありがたい存在です。問題はこのときにすべて任せてしまうことです。外交員さんが見積もりをしてくれたときにそのままの内容で契約をする人がいます。

あまり人任せにする人はお金がたまりにくくなります。保険の他いろいろな契約をするときにはかなり複雑な料金体系になっていることがあります。本来ならそれをきちんと理解したうえで利用なり加入をすべきです。そうでないと不要なものが入っていても気がつきません。保険の外交員さんがわざと不要なものを入れるわけではありません。平均的に利用されている特約などをつけてくれます。

でも人によってはそれが無駄な事もあります。その他のサービスなどでも同様で、面倒くさいからと見積もりをしてもらってただ安いところで決定してしまうことがあります。内容を吟味して不要なものを除くともっと安くなる場合があったり、別の会社のサービスの方が安くなることがあります。最初は少し面倒ですが、任せきりにしないように心がけます。